トーマス号での楽しみ方

10:38に出発して、約12時頃に千頭駅に到着するトーマス号。
千頭駅までノンストップです(途中調整のために数分えきにとまることはありましたが、降りることはできません)

 

1時間半くらいかかるので、暴れん坊二歳児がおとなしくしているか心配でしたが、意外とすんなり過ごせました。
トーマス号での過ごし方をまとめてみます。

 

 

窓の外から手を振る

トーマス号に乗ってみて感じたのは、通り過ぎる方がみんな手を振ってくれるんですね〜。
子供連れで見に来ているひとはもちろん、どこかの会社で働いているサラリーマンの方も、鉄道を撮りに来ている方も、コンビニにたまる中学生まで(笑)

 

手を振っているのをみると、なんだかすごく嬉しくなってずっと手を振っていました。

 

景色もきれいでのんびりできます

 

 

時々現れる看板をチェック

プレゼントでもらったミニガイドに、駅付近でトーマスの仲間たちの看板があらわれる箇所があります。
結構一瞬で通り過ぎるので見逃しがちですが、探していると面白かったです。

 

唯一写真にとれたアシマ。映画のキャラですね。

 

 

記念の写真撮影

トーマス号に乗っていると、写真撮影のカメラマンがまわってきます。
車掌さんの帽子とトーマス号の案内を持って撮影→気に入ったらあとで買取というパターンですね。

 

1500円なので安くはないですが、さすがプロ。おもちゃを使って子供の目線もバッチリだったので、購入してきました。

 

 

じゃんけん大会

車両ごとにじゃんけん大会が開かれ、勝ち残った5人にはプレゼントがあります。
うちの夫が参加してみごと勝利!
記念のトーマスキラキラカードももらいました。やったね(*^^*)

 

バスのバーティを探す

アニメでもおなじみの、トーマスとバーティの競争が、大井川鉄道でも見ることが出来ます。
遠くのほうを赤い車が走っているのが見えるときもあれば、線路と道路が近い場所だと、間近見ることができて大興奮です!

 

ちらっと見れたバーティ

 

 

近くで並んで走るバーティ号。がんばれ!

バーティ号にもいつか乗ってみたいですね〜。乗車人数が少ないためかなり倍率は高そうですが。

 

 

お弁当を食べる

乗車前にトーマスショップで買ったお弁当も食べておきましょう。

 

車内販売でもお弁当やお茶は売っているのですが、売り切れも多かったです。
帰りの電車ではお酒のみの販売となっていたので、確実に食べるなら前持ってかっておくと安心。

 

 

子供にはやっぱりトーマス弁当。のりでトーマス号が描かれています。

 

大人は大井川ふるさと弁当にしました。
レトロな懐かしい感じのお弁当です。

 

 

ついでにトイレもチェック

トーマス号にはトイレもついています。
ただし、車内同様古い感じがあり、おむつ交換台などもありませんでした。
トイレは前もって駅で済ませておくのがいいかと。

 

 

写真よりもっと暗い感じなので、普段一人でできるお子さんでも怖がるかもしれないですねΣ(・∀・;)

 

 

そんなこんなであっという間に千頭駅に到着です。
次はトーマスフェアに行ってきます。

 

 

次の記事
>>千頭駅のトーマスフェアに行きました

他にも大井川鉄道付近には観光スポットがあるので、こちらのページでも確認してみてくださいね(*^^*)